0歳からの保育園って可哀想?!実際に預けて分かったこと

こんにちは。ちゃぬです。

我が家は夫婦共働きなので、娘は8か月のころから保育園に通っています。
私自身、保育園に0歳から預けることに悩むことがありましたので、同じように悩んでいる、後ろめたさを感じている保護者さんに読んでいただければと思います。

どうして0歳から保育園に預けたのか

大きな理由としては、夫婦共働きで保育が必要だったからです。本当は1歳まで育児休暇がとれさらに延長もできますが、私の住む市では0歳児だと比較的入りやすい(倍率は2倍くらい)ですが、1歳では入れる可能性がぐんと低くなり、入れたとしても希望の保育園ではない場合があるとのことでした。
万が一、1歳の段階で待機児童になったら…?育児休暇の手当ても終わってしまったら家計が厳しくなることは明白でしたので、お金の不安をかかえるよりも、寂しいけれど0歳から預けようと決めました。

保育園に預ける前に感じていたメリット

保育園に入園の内定をいただいて、4月から預けるとなったら、やはり寂しい気持ちでいっぱいになりました。
まだ自分の言葉で感情を表現できない娘。今の娘にとって親がすべてなのに、知らない場所で知らない人に囲まるというのはどれだけの負担になるのだろうかと、毎日毎日考えていました。
生活費は節約して、保育園に預けるのをやめようかな?と考えたこともありました。

しかし、今目の前は寂しい気持ちでいっぱいだけれど、保育園に預けるメリットも大きいはず!と自分を励ますことにしました。

私が自分自身に言い聞かせた事です。

 娘が新しく自分の世界を持てる
 育児の負担をプロ集団が手助けしてくれる安心感
 働いたお金で、家族で旅行にいきたい

これらのことを頭の隅におきながら、ついに入園の時がやってきました。

慣らし保育の壁

先生と相談し、2週間の慣らし保育期間をもうけることになりました。
まずは2時間…次は給食まで…その次はお昼寝まで…
と少しずつ保育時間を延ばしていきます。

まぁなんというか…当たり前かもしれませんが、娘は大泣き。抱っこをしてくれる先生から離れようと必死でした。

ここで私が泣いたら不安にさせるな、と笑ってお別れを言ってきたのですが、家に帰ってから泣いてしまいました。
さらに、人見知りが悪化。保育園から帰った後は、私の姿が少しでも見えなくなると大泣き。夜泣きも増えました。
娘もかなりストレスを感じているなと思いました。
やっぱり可哀そうなことをしているのではないか、今からでも保育園辞められるだろうか…

そんなとき、友人が言ってくれた言葉があります。
「辞めることはすぐできる。だからもうちょっと様子見てからでも良いんじゃないかな?」
友人も同じ悩みを抱えていた先輩ママさんでした。この言葉を聞いて、確かに、もうちょっと様子見してもいいのかも…と気持ちが軽くなりました。

子どもの順応性は高い

あんなに慣らし保育で泣いていた娘ですが、慣らし保育が終了するころには給食もしっかり食べれて、お昼寝もでき、朝も少し泣くくらいですぐに遊びだすようになりました。
家での後追いもなく、リズムがついて夜もぐっすり寝てくれるようになりました。

さらに1か月後には、保育園に着いたとたんおもちゃへ猛ダッシュ。

さらにさらに、人見知りだった娘が、他の園児さんたちに自分から寄っていく(持ってるおもちゃに興味がある)ようになりました。

あぁ、ここにはもう娘の世界があるんだな。
と思えたときは、嬉しさと寂しさで複雑でしたが、やはり安心したのが大きかったです。

通園して分かった保育園の本当のメリット

通園してから感じた保育園のメリットは、通園前に想像していたものより沢山ありました。

 娘が新しく自分の世界を持てる
 育児の負担をプロ集団が手助けしてくれる安心感
 働いたお金で、家族で旅行にいきたい

に加え

 生活リズムがつく
 家にないようなおもちゃで刺激になる
 同年代の子どもを見てマネをするので、できることが増える
 離れていた分、一緒にいるときの可愛さが増す
 親も自分の時間がもてる(お昼休憩と通勤の時間がリフレッシュタイム)

あくまで私個人ですが、通園して3か月でこんなにメリットを感じています。
きっとこれからも増えていくのだろうなと楽しみです。

まとめ

まだ子どもが小さいうちに保育園に預けることになったけど、不安を感じている方々へ。
保育園に預けることで得られるメリットはたくさんあります。普段見れないわが子の姿を見ることができます。
今は不安や後ろめたさでいっぱいかもしれませんが、来年には保育園を楽しみにしているわが子が見れるかもしれません。そう考えたら、少し楽しみになりませんか?
結局、いちばん寂しがっているのは保護者側なのかもしれませんね。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2018年11月21日保育園, 子育て0歳, ワーママ, 保育園, 共働き

Posted by chanu