マイホームが欲しいと思ったらして欲しいこと

夢のマイホーム、そろそろ欲しいな、いつか欲しいなと考えておられる方へ。マイホーム購入にあたって、どうすればいいの?とお悩みではないでしょうか。
一生のうちで1回あるかないかのマイホームの購入です。今回は、みなさんが少しでも賢くマイホームの購入ができるように、不動産契約までの元不動産営業の目線からお話していきます。
最後に値段交渉のコツというか心構えを書いていますので参考にしてください。

家が欲しいと思ったらまずはネット検索

今では当たり前のように、下調べをしてから不動産屋・ハウスメーカーへご来店くださる方が多いです。
希望エリアや土地の大きさ等を自分である程度調べておきましょう。そうすることで、相場や予算を考えやすくなります。難しく考えずに「ここ良さそう」「これくらいの金額なのか」ということだけ分かれば良いです。
土地勘のある方ならその物件がどれかまで分かるかもしれません。
ここで注意していただきたいのは絶対に勝手に見に行かないことです。その土地の持ち主がお近くの方かもしれません。中古住宅の場合は、住んでおられる家かもしれません。いくら売りに出しているとはいえ、自分のものをジロジロ見られるのは良い気がしません。最悪クレームにつながってしまうことも。後々売り主さんとの関係は大切になってきますので、マナーを守ってくださいね。
ネット検索で気に入ったものがあれば、その不動産物件の販売店へレッツゴーです。気に入ったものがなくても、希望エリアで沢山販売をしている会社へ足をはこんでください。

不動産会社で最新情報を得る

良い物件を見つけた人は

気に入る物件を見つけた人は、そのことを不動産会社へ伝えます。日程を調節して現地へも案内してもらいましょう。
また、他に検討中の方がいないか等の情報ももらいましょう。
ちなみに、ほとんどの物件(土地や家)は、どこの不動産会社からでも購入できます。

ただし、建築条件(ウチで絶対建ててね!という条件)や、この不動産会社からしか売らない!という場合もあるので、担当営業に相談してみましょう。

良い物件が見つからなかった人は

見つからなかった方も、不動産会社へ行かれることをおすすめします。なぜなら、

 不動産会社には最新情報が入ってくる
 売り物件を探してくれる

からです。
ネットでも情報掲載は早いですが、人気エリアやお得な物件は、営業がすでに抱えているお客さんへ先に紹介します。つまり、ネットに出る前に他の方に売れてしまう場合があるのです。
そして、良い物件がない場合は、空き地の地主に「売りませんか?」と連絡を取ったり、家にチラシ(売り物件募集等)をいれて募集をかけてくれたりします。個人ではここまでできないので、ありがたいですよね。

資金計画を決めよう

欲しい土地や家が見つかっら、予算を決めていきます。家の購入には新築一軒家の場合
土地+家の建築費+外構(庭や駐車場など)+諸費用などがかかってきます。
どこにどれだけの予算をたてるのかを、担当営業と話し合いながら決めていきます。
このときに、少し多めに予算をたてておくことをおすすめします。例えば土地の地盤が弱かったときの補強費用(地盤改良)、キッチンなどのインテリアでグレードアップするかもしれない予算、などです。最低でも100万は多く見ておき、使わなければそれはそれで良しという考えが良いと思います。
あと、貯金を全額頭金にするのもおすすめはしません。もしもの病気やけがで…などのリスクを考え、いくら手元にあるといいのかを考えておきましょう。

資金計画をクリアしたら申し込み

条件も、資金計画もクリアしたら、次は「この土地を買いたいです」と申し込みをします。これを買付(かいつけ)といいます。
このときにこちらから条件を提示することが出決ます。例えば

 1000万円の土地が950万円になったら買います
 小屋が建ててあるけど、更地にしてこの値段なら買います

などです。多くの場合、ここで値段交渉をしていくのです。交渉は営業がおこなってくれますので、買い主側は待つだけです。あまりにも無謀な金額を提示すると、逆に「なら買ってくれなくていいわ!」となってしまうので、慎重に行きましょう。
どれくらいならいけそうなのかも、担当営業が分かっている場合があります。(他の方で値段交渉をしたことがあるなど)相談して決めていきましょう。
ちなみに、申し込みをしたあとにローン審査が落ちてしまった!や、提示した条件をのんでもらえなかった!というときは、白紙に戻すことができます。手付金もそのまま帰ってきますので安心してくださいね。

いよいよ契約

申し込みで条件もクリア、値段も売り主買い主の双方が納得した金額になった、ローンの仮審査も通った。となられたら、おめでとうございます。いよいよご契約です。
必要書類を揃えて、手付金を用意して契約書に判を押します。
できれば、契約前に契約書のコピーをもらっておきましょう。何かひっかかることはないのか、しっかり読んでください。契約当日も、納得がいかなければ判を押さず、別日にすることもできます。

売主さん・担当営業への値段交渉のコツ

不動産購入に値段交渉はつきものです。これはもう値段交渉して当然のようになっているので仕方がないのかもしれませんが…ですが、値段交渉も常識をもっておこなわないと、結局自分が損をするかもしれません。

例えば、あなたが1000万円の土地を売っていたとします。
そこへAさんが「こんなへんぴな場所で日当たりも悪い土地なんて1000万の価値なんてないから800万にして」と言ってきました。あなたはショックを受けます。親から譲り受けた自分の資産をバカにされた…と。もちろん断りました。
しばらくしてBさんから「この土地がとても気に入った。ここで家族で暮らしていきたい。でも予算がどうしても足りなくて780万円しか出せません。ご協力いただけませんか?」と連絡が来ました。あなたはどうせなら喜んで買ってくれる人に、と売ることを決意しました。

これを読んでいるあなたはもしかしたら「いやいや損してる!自分ならAに売ってた」という方もおられるかもしれません。また「もう少し待ってたら900万くらいで売れたかもしれない」と思うかもしれません。こればっかりは人間のすることなので分かりません。
そうなんです。相手は人間なんです。
営業をしているとよく粗捜しをして安くしろという方がおられました。ですが売り主も担当営業も人間なので不快に思います。本当は安くなるけど、あえて安くせず、契約できなくても良いと考えるのです。
ですがやみくもに値段交渉をしてこない方、本当に家が欲しいけど予算がなかなか合わない方などは、協力したくなります。少し上司に無理を言って安くしたくなります。なぜなら今後も良いお付き合いができると思うからです。

この方法が必ずしも正解ではないですし、相手によって考えも違ってきますが、これから値段交渉を考えておられる方は、自分が逆の立場だったらを考えて交渉を進めてみると上手くいくかもしれません。

まとめ

今回の記事で1番言いたかったのは最後の章です。お客様は神様なんて幻想で、結局は人間同士の取引になります。どっちが優位などもありません。
値段交渉で損してる方って、不動産の購入以外でもたくさんいらっしゃって、結局はお互いに嫌な思いをすることになるので、少しでもこの考えが広がればと思います。

これからマイホームを検討している方が、すてきな物件に出会って、すてきな家づくりができますように。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2018年11月21日家づくりマイホーム, 不動産, 住宅, 値段交渉, 購入

Posted by chanu