1歳誕生日の選び取りとは?カードでする?現物で?やり方と意味をご紹介


1歳の誕生日に、選び取りをされる方も多いのではないでしょうか。
今回は選び取りの方法について書いていきたいと思います。

選び鳥ってなに?

選び取りとは、1歳の誕生日に様々な物を用意し、子どもが何を手にとるかで将来を占うイベントです。細かなルールは地域や家庭によって様々です。
例えば

 最初に触ったものにする
 手にとった(持ち上げた)ものにする
 ひとつではなく3つまでにし、意味を合わせる(スポーツ万能な芸術家、など)

などがあります。お子さんの性格や、ご家族の考え方でルールを決めておきましょう。
昔は筆やお金などの実物を使用していましたが、今ではイラストが描いてあるカードで行う家庭も増えてきました。

選び撮りの物と意味

選び撮りのルールは分かったけど何を用意すれば?という方は、簡単にまとめましたので下記を参考になさってください。ただし、これに絶対はありませんので、ご家庭にある物や、自分が銜えたい物なのでアレンジして下さい。

 筆・・・学者になる、文筆家になる
 そろばん、電卓・・・計算が得意になる、商売上手
 お金・・・お金持ちになる、玉の輿に乗る
 ボール・・・運動神経が良い、スポーツ選手
 調理器具(泡立て器など)・・・料理上手、料理人
 はさみ・・・美容師、手先が器用
 定規・・・しっかりもの、几帳面
 楽器・・・音楽家

我が家はこれに

 服・・・ファッション関係
 本・・・読書家
 おかし・・・食べ物に困らない

を追加してみました。
他にも、風船や鏡など、地域によっても変わってきます。



それぞれのメリット

カードでするのも、実物でするのもそれぞれ良いところがあります。どちらもデメリットというほどのものはありませんでした。(対策によってデメリットを無くせるため)

カード派 デザインを選べてかわいい
 選んだカードをアルバムなどと一緒に残しておける

実物派 普段触らないようなもに触る機会になる(好奇心を育てる)
 準備にお金がかからない

準備する物

カード派の方の準備

まずはカードの準備が必要です。自分で画用紙などに書いて作っても良いですし、おしゃれなかわいいものを購入してもいいです。
自分で作る場合は、書く物を選べるのがいいですね。紙はすこし厚めのものにしたり、角を丸く切っておくなどすると、紙で手を切る心配が減ります。
購入する場合は、沢山種類があるので好みのデザインを探しましょう。通販の場合はすぐには手に入らないこともあるので、余裕を持って購入しましょう。
また、一升餅とセットになっている物もあります。

実物派の方の準備

家にあるもので、自分が選び取りに入れたい物を選んでいきます。もちろん追加で購入しても良いと思います。当日準備するとバタバタするので、前日までに集めておきます。
危険な物には刃の部分にテープを巻くなどでケガをしないように工夫をしましょう。
また、選び取り後はすぐに片付けるか、お子さんが気に入って遊んでいるようであればしっかりと見ていてあげて下さい。

あなたはカード派?実物派?

実物だと危険な物がある、カードだと残せるなどの理由でカード派の方が多くなっているように思います。
ですが、我が家では実物で行いました。なぜなら

 実物から選ぶ方が信憑性がありそう・・・(イメージですが)
 準備が楽(家にある物をかきあつめるだけ)
 お金持ってニヤニヤしてる姿が見たかった(重要)

からです。ほんと適当。
ちなみに、娘はお金と調理器具を選びましたので、大金持ちの料理人、ということになっています。
あのお金を持ってまじまじと眺める姿は最高でした。

一番は安全面を考慮して

手に持った物をすぐ口に入れてしまうようならカードの方が安心です。
実物でする場合も、はさみなどはケース付きの物やテープで刃を固定しておくなど、安全対策をしっかりおこなって、楽しい思い出をつくってください。

おせっかいですが、写真ももちろんですが、動画で撮影がおすすめですよ。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2018年11月21日子育て誕生日, 選び取り

Posted by chanu