土地の選び方、安全な土地や対策について。切り土盛り土って知ってる?


家を買う上でとても重要になってくるのが土地選びです。
どれだけ家の耐震性能をあげても、土台である土地がくずれてしまったら意味がありません。
今回は、地盤調査会社に聞いた、土地選びのポイントをお伝えします。

自分で調べられる方法

切り土と盛り土

日本は平地が少なく、住宅を建てるために山を切り開いて平地を作ってきました。そのときにできるのが「切り土」と「盛り土」です。
切り土とは、その名の通り、山や丘を切り取った箇所。盛り土は埋めた箇所になります。

このとき気をつけたいのが「盛り土」です。元からある土地とはちがい、強度が落ちてしまうので、災害時にくずれやすくなっています。特に、切り土と盛り土の境目は危険といわれています。
ただ、これはあくまで過去の統計なので、すべての盛り土が絶対に崩れる!という訳ではありません。
地域のハザードマップや。造成地マップなどを確認してください。市のホームページなどでどこが盛り土なのか公表している地域もあります。

ハザードマップ

お住まいの地域や、検討している土地のハザードマップをご確認ください。浸水しやすいエリア、土砂災害の危険があるエリアなどが色分けされています。
危険度が高いなという場合は、違う場所を検討するか、対策(地盤改良や、基礎を高くして浸水しにくくするなど)をとってください。
火災保険の補償内容の参考にもできます。

土地の名前

もともと川や池があったなど、水に関係している土地は地盤が緩いです。そして、そういった土地は、地名に水に関係ある名前がついている場合が多いです。
○水町とか浦○町とか・・・つまり、その土地が住宅地になる前は何だったのかをずーっとさかのぼってみることが大切です。



購入前に調査を依頼する

土地を買った後に地盤緩かった~改良費用200万円もかかる!なんてこともあります。そんなことにならないために、地主さんに許可をもらえるのであれば、購入前に調査をすることも可能です。

※地盤調査は実際に土地に入り、杭を刺す(穴を開ける)ことになります。他人の土地を許可なく調査はできません。また、調査は地主さんのご好意です。問題がなければ買いますという前提の元行いましょう。
※調査には費用が発生します。

調査では、土地そのものを機械を使って調べる方法に加え、盛り土か切り土か、川や池はなかったかなどを総合的に判断します。(調査会社によって違ってくるかもしれませんのでご確認くださいね)

中古住宅の場合

前の持ち主さんが、地盤調査をしていたのか、またその結果が書面で残っていれば、契約書などと一緒にもらいましょう。
なくしてしまったり、不明な場合は、プロに住宅や土地の調査をして貰いましょう。亀裂や歪み、傾きがおこっていないかなど、しっかりみて貰えます。

最後に

地盤改良したから大丈夫!という訳ではありません。大規模な災害になってくると、やはりそのエリアが危険かどうかが需要になってきます。
土地を買うときは、土地だけを見るのではなく、周囲や過去にまで気を遣って選んでくださいね。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2018年11月21日家づくりマイホーム, 住宅, 土地, 安全

Posted by chanu