保育園に預けて良かった!かわいいエピソード!


私の娘は8か月のころから保育園に預けています。
こんなに小さなうちから可哀そう…そう私も思っていました。やっぱり仕事辞めようかな…なんて本気で悩んでいましたが、周りからの励ましや、保育園のメリットを教えてもらうことでなんとか乗り切りました。
私と同じように、保育園可哀そう…と思っている方多いんじゃないですか?
そんなあなたに、保育園が少しでも楽しみになるように、保育園での可愛い可愛いエピソードをいくつかご紹介しますね!

はい、ただの親ばか記事です。娘の可愛さにいやされていってください

連絡帳&先生からのエピソード

保育園では連絡帳で、園や家庭の様子をやり取りします。その連絡帳…めちゃめちゃかわいいことが書かれて、いつもわくわくしながら読んでいるのです。
あとは、送迎の時に時間があると先生とお話しするのですが、いつもの園での様子を聞かせてもらうと安心するのと「あーその姿目に浮かぶわぁ」と思っています。

おもちゃへのこだわり

保育園のおもちゃって、種類ごとにカゴにまとめられているのですが、娘はそのうちのひとつを、空になるまで出し続けるそうです。出して出して…もうってなったらカゴをひっくり返して、満足して去っていくそうです。
でも、先生がお片付けすると「もう!出してあったのに!」といわんばかりにため息交じりでまた出す作業を続けるそうです。

食へのこだわり

娘は園で1番年下なので、他の子とおやつが違うときがあります。そんなとき娘は、自分のものにいっさい手を付けずに他の子のおやつを指差しし続けるそうです。
「私もあれ食べたいんやけど?なんで私の違うの?」というように、泣くでもなく、ただひたすら指差し…
先生も折れて(何も食べないのまずい&家では食べさせているものだった)おなじおやつをくれたそうです。娘は大満足で食べました。

ブラックな娘

名前をよんで手を挙げるようになったころ、みんなが褒めてくれるのが嬉しかったのか、最初は素直に手を挙げていました。ですが、慣れてくると「そろそろ呼ばれるな…」と分かっているらしく、すっごくニヤニヤして手をあげずに、先生の反応を楽しんでいたそうです。
もう…小悪魔!

おままごと

少しお兄さんお姉さんと一緒の時に、おままごとで遊んでいた娘。最初は口に入れて遊んでいたのに、上の子たちの遊び方を見て、自分でもかき混ぜたり並べて遊びだしたそうです。「あ、これそやって遊ぶの?やってみよー」って感じかな?
保育園のいいところって、こういう周囲からの刺激が多いところだなぁと思いました。

送迎時のエピソード

私は保育園の通常時間より朝早く送り、夕方遅くお迎えに行きます。なので、送迎の時は0~2歳さんがあつまっている部屋なのですが、娘だけでなくみんな可愛いんです。

朝はみんなに囲まれる娘

朝娘を部屋に連れていくと、○○ちゃーんって何人か近づいてきてくれます。
おもちゃを持ってきて遊び方を娘に教えてくれたり、なでてくれたりと…娘、やられたい放題です(笑)
小さな子だからかわいがってくれてるのかな?と朝からほっこりさせてもらっています。来年は娘が下の子を可愛がったりするのかな…と楽しみでもあります。

絵本を読んでくれるお兄ちゃん

お迎えに行くときに、ドアのガラス部分から中をのぞいてから入ります。私のいない空間での娘の過ごし方を見たいからなのですが…
2歳くらいの男の子が、娘に「だるまさんがころんだ」の絵本を一生懸命に読んでくれていました。娘も真剣に聞いていて、もう胸キュン。たどたどしい言葉で「だーるぅーあーたーんーがぁー」って…ありがとう、本当にありがとう、って感じですよね。
私が娘の近くに行くと、少し照れくさそうに笑うのでお礼を伝えました。

抱きついてきてくれる子たち

娘を迎えに部屋に入ると、子どもたちも○○ちゃんのママと覚えてくれているのか、近づいてきてくれます。
抱きついてきたり、今持っているおもちゃの説明をしてくれたり…あんまり聞いていると娘が怒り出すので(ヤキモチかわいい)そっかそっかーくらいしか相手にできていないのですが、めっちゃかわいいです。
そして帰るときには娘にタッチをし、私にバイバイをしてくれます。

最後に

いかがでしたか?本当はもっとあるんです…わが子ならなおさら可愛いと思うこと…!!
これ読んで、かわいいなぁと思ってくださった方も、なんだこれくらいか、うちの子もっと可愛いわ、と思った方も、どんな感想でも良いです。
でも保育園ならではの発見や成長を実感できるってことだけ分かっていただければいいなと思います。
可哀そうなんてとんでもありません。それは大人の偏見です。子どもは自分で自分の世界を作ることができます。
最初はその世界にびっくりして泣いてしまうかもしれませんが、そのときはぎゅっと抱きしめてあげて、少しずつ世界に慣れていけるように寄り添ってあげればいいと思います。

それと、保育園に預けてないとダメということではありません。どんな環境でも、子どもの可愛さはとどまることを知りませんからね…!

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2018年11月21日保育園, 子育てかわいいエピソード, 保育園, 楽しい

Posted by chanu