親子で夢中になるおすすめ絵本 4選


絵本ってたくさんあって、どれがいいのか分からない…そんなふうに思ったことはありませんか。
本当は手に取ってゆっくり選べるといいのですが、時間がかかってしまいますよね。でも、選ぶときにいくつか候補があると選びやすくなります。
今回は私が大好きな絵本をご紹介します!

バムとケロシリーズ

この絵本はイチオシです!島田ゆかさんの作品になります。
しっかりもののバムと、いたずらっこのケロちゃんのかわいい日常が描かれているのですが、いろんな発見やハプニングがおこります。
ストーリーももちろん可愛くって、きちんとオチもついて、大人も子どもも楽しめるのですが…
何より、イラスト!
すっごく書き込んであって、絵を見るだけで楽しいんです!椅子の背もたれがバムとケロの形をしていたり、フライパンがケロちゃん型だったり…
お話を読み終わっても、親子で「ここにケロちゃんいるよ」「こっちにも」と盛り上がること間違いなしです!

created by Rinker
文溪堂
¥1,620 (2018/12/10 04:17:19時点 Amazon調べ-詳細)

しろくまちゃんのほっとけーき

こぐまちゃんシリーズの中の1冊です。
ぽたぽた、ぽとん、とホットケーキを焼くページで、娘は食べたふりをします。手でつまんで、くちにもっていったり、私に食べさせてくれたり…。まぁそんな姿が見たくて、何回か教えたのですが(笑)もうそれがかわいいのなんのって!
この本のいいなぁと思うところは、きちんとお片付けまで描かれているところです。
何かを食べて終わり、という本よりも「食べ終わったらお片付け」と自然に学べると思うので、しっかり読み聞かせしていきたいと思っています。

created by Rinker
子どもの文化普及協会
¥864 (2018/12/10 04:17:20時点 Amazon調べ-詳細)

手と手をつないで

うるっとしてしまう絵本です。どちらかというと親の方が心に刺さるかもしれません。
親子のねずみが登場人物で、暑い夏も、寒い冬も、どんなときも手をつなげば大丈夫だよ、安心だよ、というお話です。私もこうやって、娘に安心を与えられるようになりたいなぁ…なんて泣いてしまった絵本です。
もう少しして、言葉を理解してくれるようになったら、手をつなぎながら絵本とか読みたいな、と思える一冊です。子どもへこの気持ちが伝わるといいな…

created by Rinker
¥1,728 (2018/12/10 04:17:20時点 Amazon調べ-詳細)

だるまさんシリーズ

これは文字というより、絵や読むときの声の抑揚が楽しい絵本です。
「だるまさんがころんだ」のゲームにちなんで、だるまさんがどてっところんだり、びよーんと伸びたり…次はどんな動きをするのかな?とわくわくしながら読み進められます。
私はよむときに、娘を膝にのせて「だ・る・ま・さ・ん・が…」と横に揺れながら(絵本に合わせて)読み上げます。娘も大好きでゲラゲラわらったり、真剣にだるまさんを指さしながら何かを言っています。
何回か読み聞かせをしたら、娘も一緒に揺れたりおじぎしたりするようになりました。めっちゃかわいい!!!

created by Rinker
ブロンズ新社
¥2,450 (2018/12/10 04:17:21時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

最初は紙が破れる…とかハラハラして、娘に触らせずに見せるだけだったのですが、娘のために買った絵本だし、びりびりを補修しながらでも愛着を持ってもらえるほうが良いなと思い直し渡すことにしたところ…
すっかり絵本好きになりました。
自分で絵本を持ってきて何度も読んでと渡してきたり、指差しや、自分でページをめくるなど楽しんでいます。
もちろん、紙はしわくちゃですけどね(笑)

ほかにもすてきな絵本ってたーっくさんあるので、まだまだ読んでいって、おすすめをご紹介できればと思います!
あなたとお子さんのお気に入りの絵本が見つかりますように。




ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2018年11月21日子育て, 育児グッズおすすめ, 絵本, 親子

Posted by chanu