赤ちゃんのお尻の穴の上に穴?!皮膚洞の疑いありで再検査


娘の1か月検診で再検査になりました。
その理由は「お尻の穴の上に穴があるね。来週再検査しましょう」とのことでした。
穴?!?!当時すくすく育つ娘を見ていて、穴なんて気づきませんでした。
そのときのお話をさせていただきます。

再検査の理由は穴

検診で娘のお尻にあるくぼみを指摘されました。
それまで、特に気づくこともなく、検診の時に「ここ」と言われても「どこ?」状態で、何がなんやら…
先生もあまり深刻そうではないし、詳しい説明もない。
穴って何ですか?と聞いても、再検査の時に説明しますとだけでした。そうかそんなもんか、と診察室を後にし、ネットで検索…

すると出てくる出てくる、お尻の穴の上に穴があるという情報が。

先天性皮膚洞の可能性

調べていくと、その穴が脊髄神経につながっていて、将来足が思うように動かせなくなる可能性があるとのこと。
繋がっていないことが多いそうなんですけどね。

先天性皮膚洞(毛巣洞)
おしりの割れ目に小さなくぼみができています。ただのくぼみの場合も、そこに毛が生えている場合もあるそうです。
細菌が侵入し、髄膜炎がおこったり、歩行に影響が出る場合があります。

それでも検索すればするほど不安でした。
もしかして娘は歩けなくなるのか?そしたらどうしたらいいの?
介護?親が死んだあとは?とグルグル…
おそらく、こういった不安にさせないために先生はあまり説明しなかったのかな、と思いますが…調べちゃいますよねぇ…
なんだか心から笑えないまま1週間が過ぎました。

再検査当日

この日は夫も仕事を休んできてくれました。悪い結果だった時に、自分で帰る自信がなかったので。
まず説明を受けました。
穴が開いているとどういうリスクがあるのか。
今日はエコーをして穴が脊髄につながっていないかを確認すること。
穴が繋がっていた場合、経過観察と、1歳になったらMRIで詳しく検査をすること。
そして説明が終わると、娘を診察台にうつ伏せにし、エコーで穴をみていきます。

すると…おどろくことに…

娘、おならしました。結構大人ばりの。
先生もびっくり。寡黙な先生が笑っていました。
う〇ちでなくてよかったよほんと。
でも私と夫の緊張もほぐれてなんだか落ち着いて話が聞けました。

検査結果

とてもゆっくり、慎重に見てくださって、結果、穴は脊髄につながっていませんでした。
ただし、あくまでエコー、100%ではないので、おかしいなと思ったら相談に来てください。また、これからの定期健診のときにしっかり見ていきましょう、とのことでした。
一安心です。
完全に安心はしてはいけないけど…

また、穴に汚れがたまりやすいので、おむつ替えやお風呂の時はしっかり洗ってくださいとのことでした。
結果として、今回は異常がなかったのですが、これからも気にかけていこうと思っています。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2018年11月21日子育て再検査, 皮膚洞

Posted by chanu