子どもへの接し方、親の在り方をアンケートで聞いてみました!


子育て経験のあるパパママに聞きました!
子どもへの接し方で気を付けていることや、子どもに望むこと、どんな親でありたいかをアンケートで聞かせていただきました。
みなさんがどんなことを考えながら子どもと接しているかを見ていきましょう。

※基本回答のまま掲載していますが、一部表現を変更している個所もあります。

子どもへの接し方で気を付けていること

姉妹・兄弟間で比べないこと。期待しすぎないこと。

話をする時目線の高さをを合わせる(まだたっちしないので、たっちするようになったらですが)
スマホやタブレットで遊んだら(ひとりで遊ばせず、親子で遊ぶ)フィードバックをする(絵本だったら感想を言い合ったり、知育アプリも、見せっぱなしにせず、話しかけをする)

否定的な表現をしないようにしています。

 

感情的にならないように。

どんなに小さな事でも何回でも褒める。褒めることを忘れない。

ひとりの人間として向き合うこと。

感情的にならないように。押し付けないように。とにかく大好きを伝えられるように。

危ない事以外は自由にしている。

手放せる罪悪感はどんどん手放す(ごはん適当、とか預けると泣く、とか)

なるべく否定しないようにしてます。しつけなければならないところは厳しくしますが、うっかりの失敗は「おっとっと」程度で済ませてます。

ちゃんと話しを聞く、触れ合う

「良いとか悪いとか決めずに、ありのままを受け入れる」です。

愛情表現は出来るだけ声や態度に出すようにする。

親が決めつけないこと、子どもが自分で挑戦することです。
本人が決めて挑戦して、時には失敗するのを待つようにしています。(出来ないこともありますが…)

イライラしない!笑顔でたくさん話しかける。子供の前で夫婦喧嘩しない。たくさん触れ合う。

子どもの意見を尊重し、親の都合を押し付けない

人格否定しない、愛されているということを伝える

悪い言葉を使わないこと。周りの大人にも伝えています。

子ども扱いせず1人の人間として接する

コントロールしない。見守りながらやりたいようにやらせる。

 

自然体

子どもの意思を尊重する、感情的にならない、否定的な言葉は使わないといった意見が多かったです。
一番根底にあったのは「愛情をもって接する」ことかなと感じました。
接し方や考え方はみなさん様々ですが、子どもにとっていい方向になるように考えてらっしゃるんだな思いました。

将来子どもへ望むことは?

柔らかい頭の考え方、未来を考えること

好きなことをやりたいように自由に生きてほしい

その時にやりたいことをチャレンジ出来る子供になってほしいです。

思い遣りのある人になって下さい

人に迷惑をかけないと言いたいですが意図せず人に迷惑をかけてしまうこともこれからあるかと思います。そのときに素直に謝ることができる子になってほしい。困っている人がいたら気に掛ける子になってほしい。求めるより求められる人になってほしい。

自分はどうしたいかを考えられる子になってほしい

平凡でもいいから夢を持って、人に迷惑をかけない、傷つけない人。

健康でありますように

 

自分で考え選択して行動できるようになってほしい

自分の興味ある事にはどんどん首をつっこんで行ける子になってほしいなと思います。

今はまだ何も。1日1日を楽しく過ごせるように。

善悪の区別がつくこと、挨拶、謝罪ができること。
成績の良し悪しではなく、人として成長してほしい。

人を思いやれる子になってほしい。

 

ニコニコ笑顔が絶えない日々を送ってほしい

 

子どもにとって幸せな人生を歩んでほしい

自分の手で幸せを掴むことです。
また、自分の幸せに気づいて大切にできる人であってほしいと思います。

とにかく健康に、自分の力で稼げるようにスキルを身につける

親としては手に職つけて欲しいと思いますが…本人達が本気で取り組める事があるのであれば、私は全力で応援してあげたいですね

素直にありがとうと言える大人

誰かの意見に惑わされない、自分の人生を歩んで欲しい。

接する全ての事を楽しんでほしいです。

子どもの幸せを願う回答が多かったですね。
子どもの将来、これからどうなっていくのか分からない不安もあれば、夢いっぱいの希望もありますよね。
これから自分の子どもがどんな人生を歩んでいくのか…そっと見守っていきたいなと思いました。

そのために私長生きしないと…痩せ…ない…と…

自分はどんな親でありたいですか?

自分がどんな親になりたいか、なろうとしているのか、考えているのか…を質問させていただきました。
※差支えのない内容につきましては、母親・父親の表現を「親」と変更している回答があります。(一部除く)ご了承ください。

模索中です。でも、子どもだけが生き甲斐にならないようにしたいです。

どんなことがあっても1番の味方でありたいです。

常に安全に、怪我をしないようにレールを敷くようなことはせず、もし躓いたりしたら自分で起き上がるのを見守れる親でありたい。

子どもがしょんぼりして帰ってきたら元気をチャージしてあげられるような親になりたいです。

家族っていいな、家族って大事って思ってもらえる存在であること。

いつでも母は味方だ。と思ってもらえる母親でありたい。

 

笑顔がデフォな親

 

自分の母のような母

困ったときに手をさしのべられる。いいことも悪いことも話したいと思える

反抗できる親

 

子どもにとって尊敬出来る親でありたい

自分の人生を楽しんで、幸せに過ごしている姿を見せたいです。
子どもに、「自分も人生を楽しみたい」と思ってもらえたらいいなと思ってます。

ひとりの人間として好きになってほしい

自分が自分のやりたいことや楽しい事をしていること。
我慢してると、どこかしら私は我慢してるのに。ってなるから

母としての姿だけでなく女性として自立している姿を見せたい。

優しい親、躾や常識をしっかりと教えていける親でありたいですね。

過干渉でも没干渉でもない、ほどよい距離感の親でありたいです

毎日楽しそうだなって子どもに思ってもらえる親

子供の意見を尊重しながら、子供の1番の理解者でありたい。

いろんな考えを教えることができる

 

ずっと好きでいてもらえる親

「僕の存在は確かに父親であった」と思ってもらえれば幸い

子どもの成長に負けないよう親も成長し続けたい

子どもがその子どもを育てる時になり、父親としてどう接したらいいか?と考えなくて済むような父親モデル。

困った時に頼られる親でありたいです

最後の最後の、もうどうしようもなくなった時に頼ってもらえるようになりたいです。

ごめんなさい、これ難しいですね。
家族に何が出来るかは考えますが、自分がどうありたいかって考えたことないですね。

どんなときも子どもの味方であること。

私自身も、少し難しいな…と思ったりしたのですが、きっと悩まれている方もいらっしゃるだろうと質問させていただきました。
個人としては、縛られすぎるのは窮屈ですが、理想像を一つ持っておくと、何かの判断を迫られたときに基準になるのではと思います。

まとめ

たくさんの方にアンケートのご協力をいただきました。ありがとうございます!
様々な考え方で、ご家族やご自身と向き合っておられるんだなぁと改めて感じることができました。
何をもって幸せとするかも人それぞれです。そして、育児には正解がありません。
他の人の考え方を見て、自分に合うもの、参考にするものを考えたり、肩の力を抜くきっかけになれば嬉しいです。


ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2018年11月21日子育てアンケート, 接し方, 育児

Posted by chanu