サンタクロースとクリスマスプレゼントはいつまで?

サンタクロースとクリスマスプレゼントはいつまで?

クリスマスが近づいてくると「いい子にしないとサンタさん来てくれないよ」とか「サンタさんにお手紙書こうね」とか…お子さんとお話しする機会って増えますよね。
でもこれって、いつまで続くのでしょうか…

サンタクロースの存在

サンタさんってお父さん・お母さんなんでしょ?と言われたとき…どう返事をしようか悩んでいる方も多いと思います。
ご家庭によっては、正体がばれたらサンタさんからのプレゼントは終了という場合もあるそうです。
でも、とっても便利ですよね、サンタさん。子どもが良い子にしなきゃ!と思うきっかけをくれますし、来てくれるかな?と心配している姿もかわいい…!
私は年の離れた妹がいるのですが、サンタさんにお手紙を書いている姿にほっこりした記憶があります。

なので、子どもが存在を疑い始めても「もう少し信じていてほしい」と思っている方も多いはず。

サンタクロースは本当にいるのか

そもそもですが、サンタクロースって実在するのをご存知ですか?
サンタクロース協会というものがあり、試験に合格した方々はサンタさんになれます。
ですので、子どもが存在を疑っても、堂々と「居る」と言えます。嘘ではないですからね。

しかし、そのサンタさんから直接プレゼントをもらうことはできません。保護者が代理でプレゼントを用意していることになります。

子どもへの説明

じゃあ子どもへは何て説明するのか。これが一番大事ですよね。
もちろん、お子さんによって考え方が様々です。その子に合った説明ができるのが良いんですが、アイディアがないな…という方は参考にしてください。
私が将来、子どもに言おうと準備しているものです(笑)

「サンタさんはいるよ。お母さんが子どものころ、窓の外から鈴の音が聞こえたよ。」(実話)

(小声で)「実はね…サンタさんはいつもは普通の人の格好をして、みんなが良い子か見てるんだよ。そんな事言っちゃうと来てくれなくなっちゃうよ。」

「ん?昨日○○が寝てる時に来てたよ?またお手紙くださいって言ってたよ。」

あえてサンタさんの忘れ物を玄関などに置いておく。手袋など

サンタさんからの手紙を外部に依頼する →依頼先を見てみる

プレゼントはいつまで

結局、バレるときっていつかきますよね。
バレたら終わりでもいいですし、バレた後も変わらず親からとして渡してもいいと思います。
我が家は中学卒業までもらっていました。後半は漫画とかでしたが(笑)
小学校や中学校と区切りがついたときにやめてしまうのが良いかもしれません。

まとめ

子どもの夢と、親の便利さがつまったクリスマス。
信じる信じないはありますが、みなさんにとって楽しい思い出になりますように。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2018年11月21日子育て

Posted by chanu