育児のバイブル「うちのこざんまい」


内野こめこさんの育児漫画「うちのこざんまい」をもう読まれましたか?
育児のバイブル!といっても過言ではないすてきな内容です!
1~3巻まで出ていますが、1人目育児~2人目妊娠、出産~2人育児、と各ステージでしっかりと書かれているので、あるあると思って読んだり、こういうときはこうしようと勉強にもなります!

ただかわいいだけじゃない!

育児漫画って、かわいくてほっこりしたり、笑っちゃったりするものが多いと思います。そしてそれが魅力で、肩の力を抜きたいときに読むのが好きなんですよ、私。
でも、この「うちのこざんまい」は、それだけじゃありません!
もちろんかわいい!かわいいが詰まっている!でもその中に、こめこさん(作者)が育児で悩んだこと、学んだことをしっかりと伝えてくれているんです。

時間をかけて読む漫画

こんなときどうすればいいの?と作中でこめこさんが悩み、そのときの思考や対処法を書いてくださっているので、
私ならどうする?そうか、こういう考え方があるんだ。と学びながら読み進めることができます。
なので気づいたら1時間かけて1冊を読んでいたり(笑)

ひとりの人として向き合う

子どもに対して、きちんと向き合っているのがすごく伝わってきます。
よく「子どもにも、ひとりの人として向き合いましょう」って言われますが、それを実際に行動にするのって、口で言うほど簡単ではないんですよね。
作中でも、悩みながらしっかりと向き合っておられるので、とても勉強になります。

まとめ

お子さんがいる方、いない方、妊娠中の方、育児で悩みや不安がある方。
いろいろな方に読んでもらいたい内容です。
この作品に限らず、育児って当事者だけでなく周囲の理解や助けが必要なので、いろんな方に「育児の現状」を知ってもらいたいなと思っています。
そのきっかけとしても育児漫画がもっと広がってほしいなと思います。


ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

2018年12月3日その他

Posted by chanu