娘の乳歯が 癒合歯(結合歯)! 親にできること


娘が1歳4か月になり、歯も6本。
親が歯医者に行きたかったのもあり、一緒にフッ素を塗ってもらおうと歯医者へ行きました。
そうしたら「娘さんは癒合歯(結合歯)ですね」と言われました。
確かに、歯の生える順番が変だなぁと思っていたのですが、まさかくっついているとは思いもせず…(見た目もそんなに変ではないので)
今回は、娘の歯についてお話ししたいと思います。

癒合歯って?

まず、癒合歯って何?という方に簡単に説明させていただきます。
文字からだいたいイメージができるかと思いますが、2つ以上の歯がくっついている歯のことを言います。
娘は右側1番と2番の歯がくっついていました。

癒合歯といっても、いろんなパターンがあって

 乳歯がくっついていても、永久歯に影響がない(永久歯は本来の数)
 乳歯が2本くっついていて、永久歯は1本しかない(1本分は欠如)

※ほかにもあるかもしれませんが、私が説明をうけた内容を記載しています。

おこりうる問題

 永久歯がはえるときに、今の乳歯がうまく抜けず抜歯の必要がある
 永久歯の数が足りず、歯並びや噛み合わせに影響が出る
 癒合歯が虫歯になりやすい

※ほかにもあるかもしれませんが、私が説明をうけた内容を記載しています。

歯の生え方(娘の場合)

先ほどの画像でお分かりいただけると思いますが、上の前歯2本がくっついています。
歯は下2本がはえたあと、一般的には上の前歯1番が左右はえてくると思うのですが、娘は右1番2番(癒合歯の箇所)が同時にはえてきました。
今思えばなるほど納得なのですが、その時は「歯の生える順番が全員同じではない」ということで、特に深く考えたり、歯医者に相談することもありませんでした。
ただ、やたら密着しているので、永久歯の歯並びに影響しなければいいな…くらいですね。
その後、左の前歯1番がはえてきて、その歯と、すでに生えている歯の大きさが違うな?とは思いましたが、この時点でも「まぁ乳歯だしね」としか考えず…

今できること

抜歯とか、噛み合わせ悪くなるとか、なんだか大変そう…今のうちにできることって無いのかな?
と思いましたが、それはもうその時になってみないと分からないとのことです。永久歯ができてきたときに、レントゲンで確認しながら治療方針を決めていくことになります。
娘の場合は、前歯で見える場所なので、しっかり見ていきましょうということになりました。
今できることは、しっかり歯磨きをして、定期的にフッ素を塗って、虫歯を作らないこと。
癒合歯は、歯に溝ができている状態なので、そこに虫歯ができやすくなります。普段の仕上げ磨き+歯医者での定期的なフッ素で虫歯を防いであげないと、太い神経があるのでかなり痛むそうです。

親にできること

 仕上げ磨きでしっかりケア
 定期的にフッ素を塗ってもらう(歯医者に通う)

普段はケアをがんばって、あとは永久歯が作られ始める時期に、今後どうしていくかを相談するのが一般的のようです。
また、溝を埋めて虫歯をできにくくする方法もあるそうです。

歯が生えてきたら歯医者へ

私は、娘が歯医者に行くならもう少し生えそろってからでいいかなと思っていました。
ですが、歯医者さんに相談したところ、本数や年齢に関係なく、連れてきてもらってかまわないですよ、とのこと。歯磨きのアドバイスなどもしてもらえます。
今回も、歯医者さんで指摘してもらったことで、より入念に仕上げ磨きや、異変に気付きやすくあったと思います。
心配事や、歯に黒っぽいもの(虫歯)がついているかもしれないなど、気になることがあれば、かかりつけの歯医者さんに事前に電話などで相談してみるといいかもしれませんね。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

子育て

Posted by chanu