教育

子どもの性教育 あなたはどうする?

子どもが性犯罪に合わないように。また、加害者にならないように、しっかり伝えていきたい性教育ですが、
何を?どうやって?と悩んでいる方も多いと思います。
私も、できるだけしっかり伝えたい!という気持ちはあるのですが、どの方法がベストなのか?と悩んでいました。

そんなあなたに救世主!!
とっても分かりやすい本が発売されました!

のじまなみさん著の『お母さん!学校では防犯もSEXも避妊も教えてくれませんよ!』というなんともどストレートのタイトルの本です!

この本を手に取った時点で、娘はまだ1歳です。
さすがに何かを伝える…には早いですが、私自身がしっかり身に着けるという意味で、早く読むことに越したことはありません。

書籍の内容

子どもへの性教育について、考え方や方法が書いてあります。
3~10歳で性教育?!と思うかもしれませんが、年齢やタイミングに合った方法が分かりやすくまとめられています。

この本の良いなと思ったところは、考え方だけを伝える本ではないというところです。
子どもにこう聞かれたら、こう返してあげて。としっかり答えが出ているところです。
もちろん、すべてに当てはまるわけではないけれど「そこまではっきり言って良いのか」「ここでこの話をするのか」と分かりやすいので、よくある

本を読む⇒自分に落とし込む⇒自分なりにアレンジして言葉にする(しかも正解が分からず自信がない)

という手間を

本を読む⇒その内容を伝える

と、分かりやすくなっています。
分かりやすいから、わが子へのアレンジもしやすい。

また、本と会話しているみたいで、読みやすくスイスイ読めてしまいますよ。

親の”まだ早い”はいつだって”もう遅い”

高校の同級生に、小学生で初体験を済ませた人が居ました。理由は興味があったから。
でもきっと、親からしたら、まさか小学生でそんなことが起こるなんて思ってないと思います。

興味があるのに教えてもらえない。だったらネットで検索だ!ができてしまう時代。
そうなると正しいかわからない情報を与えてしまう危険がありますよね。
分からないからほかで情報を…の前に、親がしっかりと正しい知識を伝えなくてはいけません。

どうして早くの性教育が必要なのか

書籍の内容にもありますが、子どもがストレートに性への興味を表現するのがおよそ3歳~10歳。それ以降は心が発達して、表に出すことが減り、性教育のチャンスが減ってくるそうです。
また、性教育を受けないままだと、悪意無く相手を傷つけてしまったり、自分への悪意に気づけなかったりするそうです。

何で赤ちゃんってできるの?にどう答えるか

「何で赤ちゃんってできるの?」
「どうやって赤ちゃんできるの?」
という質問に、しっかり答える。伝えるだけでなく、子どもとコミュニケーションをとりながら、愛を伝えながら答えていく方法が載っています。
自分だったらどう言うかな?と考えながら読み進めていくとおもしろいですよ。

性別関係なく性教育を

ウチは男の子だから、女の子だから、とか関係なく、どちらにもしっかりと伝えていくべきと書いてあります。
また、性教育をしっかり行うことで性でコンプレックスを持つのを防いだり、自己肯定感を強めることができるそうです。
なにより、しっかり愛情を伝えることができます。

性別関係なく、愛を伝えるという意味で性教育をしていきたいですね。

私の被害(未遂)体験

私が小学校低学年のころ、友人の家に遊びに行きました。友人の家には住み込みで働く人が数人が居ました。
その中の男性が
「こちょこちょがどこまで我慢できるか」というゲームをしよう!と言い出したのです。
その男性はスカートの中まで手を伸ばしてきました。
当時の私は、ただただゲームだと思っているので「怖い」という感情はありません。
たまたま友人の母がお菓子を持ってきてくれたので、それ以上は何もありませんでした。

その行為が悪いことだと気づいたのは高学年になってからでした。
あの人、そういえば変だったな、と。

まぁ、未遂?だったので特に心に傷とかはありませんが、
もし娘が同じ状況になったら私は怒り狂うと同時に、「嫌だ」と言えるように教育しなかった自分を責めると思うんです。
そうならないためにも、親がしっかりと学ばないといけません。

まとめ

何かあってからでは遅い。性被害や加害者になったときに、誰かを責めても解決しません。
そうならないために、誰かがしてくれるではなく、自分「わが子が自分自身を守れるように」教えていかなければいけません。

まだ子どもが小さいから…と思っている方、少しでも悩んだり、不安があるなら読んでください。
本は腐りませんからね。何回も読んで、いざ話すタイミングが来た時にしっかりと伝えられるようにしましょう!
子どもの成長はバラバラですから、年齢に縛られず、子どもが興味を持ちだしたときに戸惑わず対応できるようにしたいですね。