その他

地震に備える|非常食に長期保存できるパンの缶詰 感想

保存食って用意していますか?
我が家は

  • レトルト食品
  • カップ麺
  • 缶詰
  • ごはん(水を入れるだけで食べられる)

などを用意しています。
それでもまだまだ少ないなと思い、巷で話題のパンの缶詰を買ってみました!
パンなら娘も食べられますしね。
災害時ってただでさえ精神的にも身体的にも負担が大きいと思うのです。
そんな状況を少しでも緩和できる食事があると安心ですよね。
何より子どもにできるだけ我慢させたくないなという思いが強く、非常食をそろえなければと、重い腰を上げることにしました。

私が買ったのはこれ!

味の種類で選びました(笑)
私は3年保存ができるものにしましたが、5年保存できるものもありました!
この保存期間の長さはすごい!!
これは缶のまま焼いているから、外の空気に触れず、衛生的に長期保存できるそうです。

保存期間は3年と5年のものがあるよ!

開封

4種の味×各6本で約1万円。ひと缶あたりおよそ416円です。
パンと考えたらお高い…
でも、保存食を何回も買い替えることを考えれば妥当かなと思います。

肝心の味は…

さっそくひとつ食べてみることに。
チョコ好きなのでチョコ味を…

缶をあけるとふんわり甘い匂い!
けっこう缶にみっちり入っています。

おいしい!!!

ふわふわ、というよりは、どっしり系のパンです。
スーパーやコンビニなどにある、袋に入ったパンみたいな感じと言ったら伝わりますかね?

長期保存もできる缶詰のパンでここまで美味しいとは…
保存食だしパサパサかな?とか思ってたけど、ぜんっぜん違いますね!
ちなみに、レンジで温めるとさらに美味しくなるそうです。
災害時でも、ラベルをはがして缶のまま太陽光に30分あてておくと、中のパンが温まって美味しく食べられるそうで、これも嬉しいポイントですね!

被災時の朝食やプラスアルファ(配給が少ないなど)としては大活躍間違いなしです。
なにより、慣れている味や、こういった甘いものが被災時でも食べられるというのはありがたいですよね。
あとは、娘はパン大好きなのですが、非常時に娘が好き嫌いを言ったとしても、これなら絶対に食べてくれるので安心です。

それに、保存食で結構大事だと思うのですが、期限が近付いても消費するのが苦ではないというか美味しいから食べたい!と思えるのが嬉しい!

まとめ

地震や台風、停電など、大小はあれど被災する可能性はいつも隣に潜んでいます。
それは明日かもしれないし、1時間後かもしれません。
準備して何もなければ、良かったね、という話なだけです。もったいないと思うより、備えあれば憂いなしの感覚で準備していきましょう!

パンの他にも、ごはんや長期保存できる水がセットになったものもあります!